2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

管理用

2011年9月24日 (土)

被災地とタイムマシン

お久しゅう。
長らくご無沙汰しております。

先週の3日間、東北の被災地を回ってきました。
災害ボランティアとかではなく、被災された取引先の訪問です。
出発前は、帰って来たらすぐにmixiとかぼくの別ブログ(=そっちも過疎っているが多くの方の目に触れやすい)へ 感想なり報告なりをしようと考えていたのですが、
実際に行ってみると、とにかくなんというか、言葉を失ってしまいました。
「何も言うことがありません」なんてのもどうかと思ったので、ここで報告させて頂きます。
いえ、言いたいことはいろいろあるんですが、
それはこの半年間のうちにどこかで言われたことだと思うので~

3つだけ言わせてもらいます。

ひとつ。
「このマンションの4階まで水が来た」と言われたら、聞いた人は1棟のマンションだけを想像して、
『この高さか…そら大変だな』と思ってしまいますが、
実際には、その高さで明石から芦屋や尼崎までず~っと一帯が海になっていたという事実を思い知りました。
「周りに囲いを作ってそん中に水を入れて4階までってんならまだ話はわかるんだけんどもよ」ってことです。

ふたつ。
「建物の2階までしか水か来なかったから助かった」という方がおられますが、
2階まで水が来なかったという結果を今は知っているから『間一髪でしたね』なんて言えますが、
その時はそこで水が止まるかどうかわからなかったのですから、その恐怖は想像を絶します。

みっつ。
「がんばろう東北」なんて言ってますが、ひどいところは本当に何もないのです。
着の身着のまま逃げ出して、全財産がたまたまポケットに入っていた財布と免許証、
ぼくは、『がんばって』なんて言えませんでした。自分に何ができるのか。考えています。

ところで。

ニュートリノが光よりも速いかもしれないそうですね。
本当なら、過去へ時間旅行もできるかもしれないとか。

眉つばものです。
いえ、実験の結果がではなくて、時間旅行のくだりが。
っていうかそもそも、ぼくは過去への時間旅行なんてできっこないと考えています。

だって、たとえば昨日へ行ったとしたら、そこには昨日のぼくがいるわけでしょう?
それは、昨日ぼくが居た場所に、昨日のぼくが物質的に存在しているってこと。
その理論なら、ぼくはこの瞬間にも肉体と精神を更新(発生)しているってこと。
それはありえないことでは?

こんな考え方もある。

「現在のぼく」は、1光年離れたところにいる人には1年後、10光年離れた人には10年後に見ることができる。
15年前のぼくが放った光はここから15光年離れたところを飛んでいるはずなので、
光を超える速さでその光を追いかけ、追い付けば、15年前のぼくをみることができる。
「光速を超えると時間が逆行」ってのは、そういうことを言っているのではないかと思ってみたりする。
それなら、「光の速さでは時間が止まる」ということも感覚的に納得できる。
見えている世界が止まる、という意味になるけれど。

結局のところ、ぼくたちはぼくたちがまだいない世界、つまり未来へしか行けないのだろうと思う。
あの時選択を誤ったのではないかと思っても、結局はその選択をしている自分を見ることしかできなくて、
やりなおすことなどできないのだろうと思う。

津波の被害状況を目の当たりにしたので、
ニュートリノのニュースが強く印象に残り、こんなことを考えました。

2008年8月24日 (日)

ブログ休憩中…

ブログ保守投稿です。

近々に、再開しようと思っております。

2007年10月10日 (水)

危険な三段論法

今更あえて言うことでもないけど、
今だからこそ、あえて言っておきたい。


かな~り久しぶりの更新ですが、
タイトル通りの内容です。
かな~り手短に済ませますので、どうぞお付合い下さい。

タイトルは「三段論法」となっておりますが、
それは、
今回語る内容についての便宜的な表現ですのでご了承ください。

◎「占い・カルト・似非科学」の罠

まあ↑の他にも、その手のものは昔からいろいろありまして、
長い歴史の中で盛者必衰の理をあらわしているわけですが…

これらに対する人間の態度は、
おそらく大別して三つあると思うのです。

1 「そんなのありえない」と一蹴する。
2 「そんなのありえない」と思うけど、
  「もしかしたら、ありえるかも知れない」と、半信半疑。
3 「これは真実だ」と、盲目的に信じる。


↑「もしかしたら、ありえるかも知れない」と一瞬思うけど、
 「やっぱりそんなのありえない」と一蹴する」
  ってのがないことにご注意。
  それが本稿の要旨です。



繰り返しますけれども、
この手のものは昔からありますが、
最近(というかしばらく前から)スピリチュアルなんとかとか、
なんとか占星術とかの番組が増えていく中で、
ぼくにはあえて言っておきたいことがありまして。

こういうことを書こうと思ったのはなぜかというと…

つい先日、
よくある「透視で迷宮入りした事件を解決しよう」というTV番組で、
『幼い頃に父と生き別れたお笑い芸人の父親の探索を試みて、
 結果、見つけることができた』
というのがあったらしく、それについて、
ぼくの身内が、

「透視なんてあてにならないけど、
 実際に見つかったんだし、本当なのかなぁ…
 芸能人のことだから、
 番組でやらせがあったのかなぁ…」


と呟くのを聞いてしまったのです。

本稿ではとりあえず、
その番組がやらせであったかどうかは問題としません。
単純に、その論法が適切であったかどうかを述べるのみです。


◎冷静になればなるほど、自らの飛躍を見落とす

この身内が上記のように思い至る過程を検証すると、

A 常識的に考えて、
  そんな(透視が奏功する)ことなどありえない

B しかし、『奏功したと主張する番組』という資料がある

C ひょっとして、自分が知らないだけで、
  そういうことも実際にあるのかもしれない


という三段論法(?)があったことは容易に察せられます。
ぼくは即座に、「いや、それは『やらせ』だよ」と諭したのですが、
身内の反応は、
「あなたも、全てを知っているわけではないだろう。
 この件はグレーゾーンだ。真相は闇の中」
と言うばかり。

思うに、そういう考え方をする人は、かなり多いはずです。


◎ここでずばっと、単刀直入に、ぼくは言いたい

そういう風に考える人は、
上記「A→B→C」という流れで思考を進めていって、
かつ、「A」という、『冷静な判断をする自分』を根拠に
「C」の結論を導き出すのですが、
これが、実は、

『(A+B)=C』

という図式が成り立つかどうかという問題であることに、
本質的に気付いていない。

オウム真理教も、そうでした。

A 自分は科学に精通しているから、
  人間が空を飛ぶことなどありえないと知っている
B しかし、「修行して空中浮揚した尊師がいる」
C もしかして、「修行を積めば」空を飛べるのかもしれない


この状況において、はたして、
『(A+B)=C』は、成り立つのか?

そんなわけは、ない。

「C」の結論を導き出すためには、
「A」において、自らが打ちたてた、

「そんなこと、ありえない」という前提
をぶち壊さなければならないのです。

つまり、
「A そんなこと、ありえない」と、
「C そんなこと、あるかもしれない」というのは、
決定的に矛盾するのです。


◎今回のまとめ、のようなもの

人間は得てして、自分の考えを否定したくないものです。しかし、自分の理解不能な事象にめぐり合った時には、『冷静な自分』を保留して、なんとか目の前の事実(のように見えるもの)を理解しようと努めてしまうものです。

好奇心に駆られて、なんとか理解しようと努力してしまうものなのです

しかし!


「おかしいこと」は「おかしい」と、『冷静に』判断すべきです。
「ありえない」と思うなら、その意志を貫くべきです。

真実は、ひとつ。


真実は、ひとつです。


«神経抜いた(2-2)

最近のトラックバック