2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

管理用

トップページ | 煙草について(1) »

2006年2月20日 (月)

霧の目隠し何も見えぬ、
ならば目を閉じ鈴の音を聴け

初めまして、霧鈴です。
ブログ開始にあたり、ごあいさつ。

このブログを開設したきっかけは、
深く親交のある二人の友人たちとネット上で様々なことを話し合う中で、
お互いがそれぞれの主張を載せる場を持とうという話が出たことです。

この場所では、基本的に私の個人的な日記形式はとらないつもりです。
そのため、更新は遅れがちになるかと思いますが、
その分、内容を濃いものにしようと考えています。

また、アドレスの「Ayzad-Khast(イーザド・ハースト)」とは、
「神が欲した」という意味の、ペルシア語です。
イランの、エスファハーンとシーラーズの間に、
この名を持つ村が実在します。

ブログのタイトル、そして、ここでの私の名前は、
子供の頃からのニックネームをもとにしています。

何かを見て、それが何であるかを認識するとき、
あなたは、いったい何を根拠とするのでしょうか。
そこに何かがある、手を延ばして触れば、その感触がある。
しかしそれは、あくまでもあなたの主観的な体験でしかないかもしれません。
これまでの人生の中の、あなたの体験、感情、知識、
それらの記憶と照らし合わせて、物を認識しているだけなのかもしれません。
ひょっとしてあなたは、深い霧に包まれているのかもしれません。

我々は生きている人間である以上、
主観を排除して物事をとらえることはできませんし、
物事の絶対的な存在を知ることもできません。

じゃあ、どうしますか?

ぼくはこうします。

自分の見ているものは、全て偽物かもしれないということを受け入れる。
偽物の霧に包まれているなら、目を閉じて、
自分の中にある鈴の音に耳をすませる。

こうすることで、自分の言動に責任を持つことができると考えます。
嘘と真が入り混じった体験でも、積み重ねることで、
相対的に真実を浮き彫りにできると考えます。

自分の考えが間違っている可能性を、
ぼくは忘れずにいるつもりです。

などとかっちょいい能書きをたれておりますが、
おそらく、俗な話題で埋め尽くされると思います…

どうなることやら。
とりあえず、これからどうぞよろしくお付き合いください。

トップページ | 煙草について(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52906/769241

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の目隠し何も見えぬ、
ならば目を閉じ鈴の音を聴け
:

» 三つ巴ブログ [えせ記者徒然]
当初のブログ構想がとりあえず形だけですが完成しました。他の2つのブログの更新状況 [続きを読む]

トップページ | 煙草について(1) »

最近のトラックバック