2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

管理用

« 死刑制度について(3) | トップページ | 酔っ払って書く »

2006年3月22日 (水)

「えせ記者徒然」への回答

さてさて。

「えせ記者徒然」「書きなぐソ陪審」での議論にぼくは、

微妙に明らかに乗り遅れてしまってるような気がしますけれども、

とりあえず「えせ記者徒然」の「刑法の解釈」で質問が出されていますし、

ひとまずその確認は有益であると思いますので、

とり急ぎお答えいたします。

甲が乙から盗んだ拳銃で丙を射殺した。

当時、甲は麻薬を使用し錯乱状態にあった。述べよ。

すんません、失礼ながら

この設問には プッ と吹き出してしまいました…

昔のダウンタウンやあらへんねんから…と。(いや、皮肉じゃないっす)

しかし、「書きなぐソ陪審」にも指摘があるように、

>Aが持っている拳銃をBが盗んでCを射殺した。
>いかなる犯罪が成立するか。

の延長と捕らえて 「いかなる刑法犯罪が成立するか。を述べよ」
でよろしいのでしょうか?

ということであるのは容易に想像できますので、

ぼくもこの線でお答えします。

不適切な設問をさらりと流したことで

MOLLYの半分は「優しさ」でできてます。

の一文がきらりと輝いて見えました。

とりあえず超特急の返答です。

答えは、

ぼくは、死刑制度の存廃に関して、

「日本に死刑制度があるのは、刑法に死刑が規定されているからだ。

 では、なぜ、刑法には死刑が規定されているのだろうか」

という論点で(これまでのところは)終始一貫して述べていますので、

「刑法に関する質問は論点がずれている」、というものになります。

法の枠組(?)としては、

1 基本的人権  ↓↓↓

2 憲法      ↓↓↓

3 刑法      ↓↓↓

という順にその範囲が狭まっていくわけで、(大雑把ですが)

ぼくは、少なくとも 「2 と 3 の間のライン」以上の範囲で述べています。

小兄さんのように、「刑法の存在」を前提としてしまうと、

「2 と 3 の間のライン」以下の話になってしまい、

「死刑制度の存廃を論じる」、

つまり、「刑法を論じる」ことはできないと考えます。

とりあえずそのことを踏まえていただいた上で、

あくまでも「刑法の枠内の話」として、

小兄さんの設問にお答えします。

まあ、ぼくが議論に乗り遅れてるせいで

論点はすでに移ってしまっていることも認識していますので、素直にお答えします。

甲が乙から盗んだ拳銃で丙を射殺した。当時、甲は麻薬を使用し錯乱状態にあった。述べよ。

ぼくは刑法を専門的に学んだわけではないのですが、

考え方を知りたい、ということなので臆せず述べます。

まず、事件における事実確認が必要ですが、

今回は、設問における事実、すなわち、

「甲は乙から拳銃を盗んだ」

「甲はその拳銃で丙を射殺した」

「当時、甲は麻薬を使用し錯乱状態にあった」

という3点はすでに充分な証拠があり、争点とはならないものとします。

法律の問題においてはそんなこと当たり前かと思われますが、

「ちょっとだけひねっている」という小兄さんの言葉を警戒して。

それから、「誰の罪を述べるのか」が明記されてないことも地雷と思えなくもないので、

それぞれについて述べます。

また、「えせ記者徒然」の「死刑。その6」には

量刑は「解」ではありません。

とありますが、量刑を考慮する範囲にもあえて踏み込んでいます。

まず、甲の、「拳銃を盗んだ行為」に関して

   ○その行為は、「窃盗であったか」、

   ○つまり、不当な行為であったかどうか。

   ○始めから丙を射殺する目的で得たかどうか

    (「使用窃盗」に関してはわからないので、あえて触れません)

甲の、「麻薬を使用して錯乱状態で丙を射殺した行為」に関して

   ○その錯乱状態において、責任能力が認められるか

   ○正当防衛にはあたらないか

   ○殺意があったかどうか、また、情状酌量の余地はあるか

といったところでしょうか。漏れはあると思いますけれど。

「拳銃を所持していた乙」、「麻薬を打った売人」、「丙に関して」

は、おそらく問われていないと思われますので述べません。

三人の意見の食い違う点が明らかになったら教えてくださいまし。

よろしくお願いします。

« 死刑制度について(3) | トップページ | 酔っ払って書く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52906/1119378

この記事へのトラックバック一覧です: 「えせ記者徒然」への回答:

» 刑法の解 [えせ記者徒然]
僕は過去に「死刑。その6」で刑法と死刑制度とはあまり関係ない死刑存廃論は、刑法を [続きを読む]

» 刑法のご利用は計画的に [えせ記者徒然]
もともとは「死刑存廃論」から始まった話がいつの間にか「刑法論」に変容しておりまし [続きを読む]

« 死刑制度について(3) | トップページ | 酔っ払って書く »

最近のトラックバック