2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

管理用

« 大型自動二輪飛び入り試験(4) ~総括~ | トップページ | 神経抜いた(2-2) »

2007年6月27日 (水)

神経抜いた(2-1)

歯の話。
長くなったので、今回も全2回の続きものです。

今日、左の上の歯が非常に痛むので、歯医者に行きました。
熱いものを食べると、気が遠くなるほどに。
行ったのは、家から少し離れた歯医者さんです。
近所にも数軒あるのですが、そこが好きなのです。
なぜ好きなのかというと、それは話せば長くなる話で…

◎それはもう昔の話

ぼくはどうも、昔から歯が悪いのです。
歯並びが悪いせいもあると思います。

幼少時、親はガムなどを食えと忠告してましたが、
ぼくはクールミントガムを7枚全て一気に口に入れて、
味がなくなると終わりという、無駄なことをしてました。

とくに固いものが苦手だったという記憶はないけれど、
あごがうまく発達しなかったというのは確かなようで、
おかげでこんなに男前になりまバキッ!(←殴られた音)

(…そんな古い演出も織り交ぜて)

あごが発達しなかったせいで、
ぼくの上あごの歯は、2本、欠損しています
。欠損と言いますか、健康な歯でしたが、抜いてもらいました。

中学生くらいまで、左右の歯が一本ずつ、
生える場所がなくて、あごの中に留まってしまっていたのです。
医学的にちゃんと名前が付けられている症状で、珍しくはないそうですが、
その肝心の名前を失念してしまって…
ご存知の方がいらしたら教えてください!

どう説明したらいいか…

例えば「品」の字のような感じです。

下の2本は本来離れていて、
その間にもう1本あるはずが、その1本は歯茎の中から出て来れない、と。

「品」でわかりにくければ、「∴」でもいいです。
もしくは「轟」とか。
個人的には「姦」で説明させてもらいたいところですけれどね。
もしくは、「蟲」とか。
じゃなきゃ「驫」で。

最後のやつはなんて読むんでしょうね?
「とどろき」で出てきますが。
「ヒョウ」とも読むようです。どういう意味だろ。
手元の辞書にも載ってません…
こちらも、ご存知の方は!

で、勝手に「隠し八重歯」と名付けますが、
その歯が、中学から高校にかけて、
歯の内側、上あごの部分を突き破って生えてきたのです。
もちろん焦りました。ありえないところから歯が生えてくるんですから。

右の「隠し八重歯」が完全に出てきたのは二十歳くらいだったでしょうか。
あまり覚えてないのですが、治療の邪魔になったので抜いたと思います。
生えてきたところを下から見ると、これまた「品」の形になるのですが、
この中心部に食べかすがたまるなどして、新しい歯も虫歯になってました。
その時、元からあった歯も削って、さし歯になりました。

そして数年後、大学を卒業した後ですが、
このさし歯が非常に痛くなってしまいました。
当時の行き付けの歯医者さんの言うことにゃ、
「さし歯が合わなくなってるから、付け替えましょう」とのこと。
そして型を取り、新しい歯を用意してもらうことになりました。
その日は次回の予約をして帰ります。
ひとまず痛みはひいて、安心しておりました。

しかし、その三日後!

仮のさし歯を入れたその歯が、その歯が、その歯が…

痛い!!!

横になっても椅子に座っても、意識を失いそうです。
これは急を要する事態。

しかしその日、歯医者さんは休診日。
電話しても誰もでんわ!

朦朧とした意識の中、電話帳をめくるぼく。
近所であるという条件も頭になく、
見つけたのは、家から少し遠いところでした。

◎新しい歯医者さんとの出会い

次回に続く!

« 大型自動二輪飛び入り試験(4) ~総括~ | トップページ | 神経抜いた(2-2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52906/6712578

この記事へのトラックバック一覧です: 神経抜いた(2-1):

« 大型自動二輪飛び入り試験(4) ~総括~ | トップページ | 神経抜いた(2-2) »

最近のトラックバック