2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

管理用

« 大型自動二輪飛び入り試験(3ー下) | トップページ | 神経抜いた(2-1) »

2007年6月26日 (火)

大型自動二輪飛び入り試験(4) ~総括~

◎更新再開 さてさて。

 ぼくがほぼ完全にこのブログを放置していた間中、みなさまはいかがお過ごしだったでしょうか? ぼくの暮らす地方は、もうすっかりと夏模様です。
 って、これからもっともっとぐだぐだに暑くなるんだろうなぁ。

 もうすぐ梅雨が始まりますね。梅雨と言えば当然に雨がよく降り、また台風の季節でもあるわけですけれども、この、夏の前の「梅雨」よりも、実際には夏の後の季節、10月頃の方が、雨・台風ともに多いそうであります。
 でも、なんでかな? なぜ、みんな梅雨の方をより強く意識するんだろう。

 我が国は歴然とした「四季」を持つと言われます。ぼくは時々、この四季のうち、唯一「夏」だけが、『始まって、終わる季節』なんだなあと、思うことがあるのです。まあ北海道や沖縄の方はひょっとすると共感してもらえないかもしれませんが、夏だけが、『ぼくらが到来を待ち、去り行くさまを惜しむ』季節なのではないかと、思うのです。秋は切ないし、冬は辛い。春は嬉しいけれど、もっと元気な夏が来る! ってな具合に。

 このぼくが8月生まれだから言うのではありませんが、歴史的な偉人・有名人は、8月生まれが多いそうです。ぼくもこの話を聞いた時には、「そうか! じゃあ、ぼくも!」と無駄に鼻息を荒げたものですが、それはあくまでも統計的な話。実際のところは、8月が、子供の出生数が最も高いせいであると見るのが冷静な判断でしょう。

 このように、統計的に多数派であるものをして「優性」であるという考え方は歴史上、また、我々の日常生活においても、至るところで現れます。
 他愛ないところでは、血液型性格判断。「A>B>O>AB」という順に(順番合ってるかな?)、多数派から少数派へ向かってだんだんと変人扱いされる仕掛けになっています。
 また、その昔、白人たちは肌の色が濃くなるに連れてその人種を順々に強い差別の対象としてきましたが、これも、自分たちにとって存在が明らかである白人(先進文明人)から見て、当初は少数派と考えられた有色人種を差別したもの、という見方もできます。
 さらにまた、政治思想においても同じように、自分たちにとって理解しやすい資本主義・民主主義を頂点として、共産主義、イスラーム主義を(広義の)差別の対象としてきました。共産主義は、旧ソ連の崩壊によって一応の結末を迎えたと見る向きもありますが、まだまだ、ロシアは共産主義ですし、四千年の歴史を持つ中国も存在していますし、東欧にも根強く残る政治思想であることは否めません。いずれの国家も、日本から見ればお世辞にも成功しているとは言えないかもしれませんが、欧米的資本主義・民主主義の現状を見れば、他山の石とすべきことは多いと思います。

 と、エントリーのタイトルとは関係ない方向に話が進んでいるので、閑話休題。
 少し話を戻して。

   今はもう6月。ここ数年で、自動二輪車のAT免許新設、高速道路の二人乗り解禁、自動二輪車用のETC本格運用開始、教習所での大型二輪の教習開始など、バイクの世界では待ち焦がれた改革が進み、しかもバイク乗りにとって絶好の季節がやってきたことで、街中でも非常に多くの二輪車を見かけるようになりました。
 ぼくは年中、天候を問わずにバイクに乗るのですが、二輪免許取得の敷居が低くなったのは、仲間が増えて嬉しい反面、やはり悪質な、あるいは未熟な運転者が増加しつつあることがもどかしく思っています。

 このような二輪改革が起こった背景には、販売数の低迷に悩む二輪車メーカーの思惑もあったと聞きますが、バイク乗りの裾野を広げたという意味で、ぼくは歓迎しています。しかし、運転人口を増やし、かつ日常的に乗りやすくさせる改革である一方で、敷居を下げるということは、未熟な運転者をより多く世に送り出す結果となってしまうのは皮肉です。

 AT限定免許の想定するところは、だいたいビッグスクーターであると思いますが、このビッグスクーターの利点は、「街乗りしやすい」「二人乗りしやすい」の2点に絞られます。歩い程度年齢を重ねた方々にとっては朗報ですが、それまで原付を乗りまわしていた子供たちが自動二輪の世界に参入してきたことは、ぼくは問題視せざるを得ません。

 しかしまあ、それは不可避の結果としてどうしようもないことなんですけれども、ビックスクーターを原チャのように、半ヘルとか喫煙しながらとかで乗られると、大丈夫なのかなあと心配になります。
 そんな輩を見かけるたびに、『せめて試験は難しくしてくれよ』と心中で念じるのです。

 ぼくが大型自動二輪免許を取得したのは、夏も終わり、強い雨の季節が始まろうとする、そう、9月のころでした。8月の活気の中で決意して、夏が去り行くことを寂しく思っていた、そんな季節。免許取得は、たしかに、ぼくの心を勇気付けるものでした。
 このブログでは2回目の試験までしか書いていませんが、3回目の試験は雨でした。

 それも、ぼくが実技試験を受けたほんの5分ほどだけ、バケツをひっくり返したような、雨。
 忘れようにも忘れられない天候でした。
 そして、9月。4回目の試験で合格しました。

 この一連のエントリーは、飛び入り試験のレポートとして書いてきましたが、3回目、4回目ともに、何かを書こうとしても、ほとんど今までに書いたものと同様になってしまいます。それをどう書こうかな、と思案するうちに、結局放置に近いような状態になってしまっておりました。

 実は、いまこのエントリーを書く前に、すでに数回分のエントリーを書き終えています。この一連のシリーズが終わるまでアップしないようにしていたのですが、これ以上考えても切りがないと考え、ひとまずはおおまかに総括を行うに留め、次のステップへと行きたいと思います。

◎大型自動二輪飛び入り試験 ~総括~

 ようやく、今回の本題です。

 飛び入り試験を4回受けて感じたことは、「みんな、大型免許をなめてるな」ということでした。発進時の半クラができない、一本橋で落ちる、暴走する、安全確認をおろそかにする… いずれも、公道でされたら危険なものばかりです。どうせ不合格になるなら、「バイクの制御は当たり前にできて、安全確認も、やってるつもりなのに試験官へのアピールが足りなくて減点」というのが理想的(不謹慎ですが)なのですが、そもそもバイクの運転ができてない。
 まあそれは飛び入り試験での話であって、教習所で教習を受けた人はそれなりにうまく運転できるのでしょうけれども。

 かく言うぼくだって、免許取立ての頃は、「あれっ?!」という場面で立ちゴケもしましたけれども、それよりもさらに未熟な運転者も増えています。みなさん、気をつけましょう!

 実技試験の試験場は、どこでもそうだと思いますが、「場内は公道(であるという設定)とする」のですが、実際には、公道の交通の流れを考えればかなり無駄な動きもありますし、スムーズに走らなければならないのに、距離の短い道路で試験独特の「安全確認・ウィンカーを3秒程度点灯・道路の端による・安全確認・(左折の場合は)巻き込み確認」という一連の動きをしなければならないわけで、そんなことをしてたらトロトロ運転にならざるを得ません。

 が、それは、実際の公道でそうするかどうかは置いといて、「指定された動作を的確に行えるか」を見ているところが大きいでしょうから、しっかりやって欲しいものです。バイクに「乗れて」いたら、全く簡単なことですね。

 最後に、ぼくが受けた4回目、合格した時のエピソードを少しだけ。
 その日、ぼくは最後尾の受験者でした。

 試験車は以前書いた通りゼファー750だったのですが、これがどうも、ギアが入りにくいものだったのです。(その車両に限った話です。ゼファーだから、という意味ではありません)
 試験半ばでは快調だったのですが、途中、外周道路から左折して3mほどのところにある信号をすぐに右折するコースを走っていたところ、その信号が赤で停止することになりました。その停止の場面ではギアを1速に入れておくべきだったのですが、距離が短かったことと、ギアが入りにくかったこともあって、どうもニュートラルに入ってしまっていたようでした。信号待ちの間中ずっと、

 『これは1速まで落ちてないな…』

 と、うすうす感じていました。
 これが普通の街中ならきちんと右足を着いて、左足でギアを確認するところなのですが、いかんせん試験中… 無駄な所で右足を着いてしまっては減点の対象となるため、ぼくは賭けに出て、信号が青になった時にそのまま発進しました。
 すると案の定、ギアはニュートラル。バランスを崩し、右足を着いてしまいます。

 『ああ、やっちゃった… 今回もダメか…』
(今考えると、普通に右足を着いて確認しておいてもよかったかもしれません)

 軽く落ち込みつつ、しかしその後もライディングは快調。残すところ、急制動だけとなりまして。

 急制動でぼくは、これまで書いたように、「制動開始ラインでの速度不足」と「後輪のロック」を経験していました。しかし、ここで停止線を越えてしまっては「試験中止」です。ですから、『とにかくスピードは規定(40km/h)以上出そう、停止線は絶対に越えないようにしよう』と決意して、そこへ向かいました。

 その結果。
 「キキッズズズ……」

 またもや後輪がロックしてしまいました。
 『ああ、ダメだった…』と落ち込みつつ、ゴールへ向かいます。

 試験は、試験官に終わりの合図をしてもらって終了、なのですが、ぼくがバイクから降りてもなんの合図もありません。1分… いえ、3分は待ったと思います。ぼくがどうすることもできないでいると、試験官のいる展望台のような所の窓がガラッと開きました。バイクに付いているスピーカーの故障かと思っていたら、その窓から、

 『いや、あのクランクでね…』

 などという話し声が聞こえてきます。どうやら、判定が微妙なところがあって、試験官の意見が分かれているようです。少し期待しつつ、さらにしばらく待つと、おもむろに試験官が降りて来ました。
 そして一言。

 『合格予定だよ』

 この言葉に、ぼくは歓喜しました。「予定」というのは、最終的な結果は正式な手続きを踏んで出されるものだからこのように表現されるだけで、『合格予定』と告げる時点で試験官は合格の判断をしているので、事実上、確定です。

 ぼく 『いやあ、最後に後輪がロックしたからもうダメだと思ってました!』
 試験官『ああ、まあ、スピードはちゃんと出てたからね』

 ということらしいです。
 そして、最後の最後で、

 試験官『安全運転、してよ(はぁと)

 と、ぼくのおしりをぽんっ…
 ぼくは感動のあまり、心の中でこう叫びました。
















 ぼく『セクハラすんなや! このホモ教官!!』



 いえ、そんなはずはありません。
 本当の言葉は、











 ぼく『安☆全☆第☆一!!!』



 「防衛運転」という言葉があります。これは、事故というのは自分が安全運転をしていても、周囲の危険な運転に巻き込まれることが多々あるため、防衛を心がけようというものです。
 実際、公道には様々な危険が待っています。みなさんも、もちろんバイク乗りでなくても、よく気をつけて、安全運転を、しましょう!!!

◎そしてこのブログは、次の話題へ

 上の方でも書きましたが、このエントリーを書いている時点で、すでにいくつかのエントリーが書きあがっています。ひとまず次からの2回は、他愛ない日記のようなものです。ブログ開設にあたり、『日記のようなものを書く予定はない』としていましたが、とくにこだわらずにやっていくことにしましたので、みなさま、どうぞお付き合い願います。

 その次からは、また三つ巴ブログにふさわしい内容を取り入れていきます。

 チャオ!

« 大型自動二輪飛び入り試験(3ー下) | トップページ | 神経抜いた(2-1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52906/6929110

この記事へのトラックバック一覧です: 大型自動二輪飛び入り試験(4) ~総括~:

« 大型自動二輪飛び入り試験(3ー下) | トップページ | 神経抜いた(2-1) »

最近のトラックバック